特殊加工|オリジナル付箋(ふせん)制作のAD印刷(東京)

オリジナルふせん・ノベルティならAD印刷へ!高品位製品をお届けします。
AD印刷株式会社
AD印刷

特殊加工

img03-7

箔押し加工

箔押し加工は、印刷物に、より高級感をだす為に用います。
箔押しとは、一般に亜鉛版を腐食させ、その版で熱と圧力で表現物に圧着させる技術です。
より精度を上げる為には、銅版を使い更に手彫りの技術もある職人の技が必要とする物もあります。
この技術は、エンボス加工にも使われますが、現在、優秀な技術者が少なくなり、
素晴らしい技の作品を見る事も少なくなりました。

素材は、紙をはじめ、布・樹脂系・皮・といった殆んどの材料が使えます。
※印刷と箔押しの合体で、より引き立つ表現こそが生まれます。
AD印刷では、お客様や制作者に、この事を強く勧めております。

img03-8

エンボス加工

一般的に箔押の機械で行ないます。
凹凸の版を組み合わせ、紙に凸面を作る事が多く、印刷と組み合わせて表現すると、
よりその効果が増し、本の表紙、カタログ、ファイルといった所によく使用されています。
一般のエンボスは、樹脂版や亜鉛凸版で行なうことが多いのですが、
弊社では銅版をオス・メス手堀りにさせる場合もあり、より高い表現効果が得られます。

img03-9

フロッキー加工

フロッキー加工(毛くず)はぬいぐるみ、コースター、ジュエリーケースの内貼り等に使われています。
0.5~1ミリ程度の短い繊維(糸)をあらかじめ染色し、糊を印刷したものに静電気によって
垂直に植え付けていく手法で大変原始的な加工です。糸の色と長さは、
注文することができますが、通常作るのに時間がかかるので、あるものから選ぶのをおすすめします。
一般印刷では味わえない質感をお楽しみ下さい。

img03-10

ホログラムPP

印刷後、表面強度を高めたり、光沢感(グロス調)、艶消し(マット調)を
出す為にする加工の一つにPP加工があります。
PP加工とはポリプロピレンフィルムを貼り付ける加工のことで、その中の一つがホログラムPP加工です。
一般的なPP加工は、ほぼ透明(若干、色がついています)に近いフィルムを貼り付けるのに対し、
ホログラムPP加工は、見る角度によって色が変わって見えたり、
絵柄が変化して見える特殊なフィルムを使用します。

カタログの表紙、パッケージなどに用いられることが多く、独特の効果をもたらします。
ホログラムPPのフィルムは種類が多く、いろんなパターンを取り揃えています。

付箋(ふせん)・印刷のことならAD印刷にお任せください! お問い合せはこちら

AD印刷株式会社 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-24-12 東信ビル3F・4F
特殊加工 © 2014 AD PRINTING Co., Ltd.